しましま通信

飽き性だけど、手作りが好き。台所から生まれる食べ物、家庭菜園の様子、縫物や編み物など日々の暮らしの中の事を書いていきます。

畑仕事 ☆ それは、体液の入れ替え。入れ替えの果てにダウン

f:id:shima-shimachan:20190818064359j:image

畑に耕しに行っております。

汗が、半端ない。

日によっては、体液二回入れ替えたかな?

な、日もある。

畝作りと燻炭づくり
f:id:shima-shimachan:20190818064413j:image

手前の黒いところ。

燻炭作ってます。

いや、燻炭とは言えない???

籾殻を燃やしている???

燻炭を作る煙突みたいなの、売っています。

しかし、一先ず何も買わずにやってみよう。

 

焼いてる間は、畝作り。

草抜きつつ、耕す。耕す。

 

畑を借りるにあたり、初のお道具を購入。師匠の福田俊さんが使っていた。

f:id:shima-shimachan:20190821150720j:image

先っぽは、こんなの。↓

f:id:shima-shimachan:20190821150830j:image

鍬よりも幅が広いし、草も引き抜きつつ、根っこの土もちょっと払ってくれてるみたいになる。

草を引きずり倒してくれると言うか。。

そして、上部が空洞??なので手前に土を引っ張る時に土が沢山やってきて重たいと言うこともない。

なかなか良い。

f:id:shima-shimachan:20190818064405j:image 

耕したところには、乾燥して土がカチカチにならないように、草をのせておきます。

草置いてたところは、土が柔らかいけれど、置いてなかったところは、カチカチになっていました。

 

前の人は、腐葉土とか植物系のもの入れてなかったかな??まだ、畑のこと分からないけど、乾燥するとここまでカチカチになるとは驚いた。


f:id:shima-shimachan:20190818064402j:image

燻炭づくりは、うまくいかなかった。

焚き火の上に籾殻を置いたら、だんだんに焼けてくるとのことでしたが、なんだか上手くいかず、躍起になって籾殻を焼いていた。。。

 

でも、少しは効果はあるだろうよと。

 

籾殻はどこから

f:id:shima-shimachan:20190821151614j:image

実家の近くの精米所にて。

溢れんばかりの、籾殻。

f:id:shima-shimachan:20190821151658j:image

米糠は、機械に逆流しそうなほど。

私がイソイソと米糠を袋に入れているのをみて、ここのおじさんは私の背中に手を合わせているのでは??

と、思われるほど。

 

このままほったらかしでは、機械が詰まってしまうのでは!?

自分が糠を取った後に、頑張って糠を手前に出して来ました。

 

籾殻も、前におじさんに

貰ってくれてありがとうね!

と、言われました。


f:id:shima-shimachan:20190818064409j:image

こんなに沢山貰って帰りました。

車の後ろがパンパンに。

 

畑にボカシ肥料をまいたら、ボカシの生ゴミバケツにかける分にまで、手を出すほど在庫がなくなってしまいました。

 

あんた!

それは、子供の学校に支払うお金だよ!!

ばかやろー!!

細かいことは言うな!!

 

と、言う感じでボカシバケツ用のを少しい頂きました。

いえ、実際のところは、

 

ごめんよう。

もし、途中でボカシ肥料が無くなったら、しばらくは生ゴミの投入は出来ないねぇ。。

 

こんな感じでした。

夏は、ボカシ肥料は最短で1週間で出来るのだ。

早く作りたい!!!

 

しかし。。。。

  • 夜更かし
  • 栄養のバランス悪し→頑張らない食事の日々
  • 酷暑の中の畑作業→早朝に行くのとが出来なかった
  • 娘の接待→畑から帰って来たら、こちらはどうぞ。。。と、極寒?極涼?の間に通して頂き、畑からの暑さを吹き飛ばさせて頂いたところ、体液2回巡回させて汗が、冷え冷えになってしまった

 

これらの条件が揃い。。。

 

夏風邪ひいた(ー ー;)

 

で、これで3日目。

その前から、ダウン寸前。

 

体力のなさが露呈。

畑は庭でチョコチョコしてるのとは、違うわ。

更に、庭の方が芝生やの色々と植わってて、涼しいし照り返しないわ。。。

 

で、寝ながら書いています。今日のブログ。

早く人参の種を蒔きたい!!!

 

上の2人の高校は始まってます。

末娘ちゃんは、9月から。

学校始まると、またまた畑に行く時間が遅くなりそう。。。

 

何か対策を考えないと。

こんなことを繰り返しつつ、虚弱を返上したいと思っておる次第です。。