しましま通信

飽き性だけど、手作りが好き。台所から生まれる食べ物、家庭菜園の様子、縫物や編み物など日々の暮らしの中の事を書いていきます。

頑張る?自然体?人生に必要なものは、どっち!?もしくは、何対何⁉︎ ☆ 探求と勉強・貧乏は夢を追う代償

f:id:shima-shimachan:20200213205957j:image

最近分からなくなって来たのである。

頑張る方がいいのか?

自然体??の方がええのか。

きっと、どっちもなんだと思うけど。

写真は節分の日の恵方巻の、おかわり用に巻寿司を切って盛り付けてたものでーす。

 

頑張ったらいいこと

頑張って良いこと。

達成感を味わえる。
頑張りスイッチを作ることができる。

ずっとね、こういう風に思っていたんですよ。
達成感っていいよね。

あれだけ頑張ったことがあるんだから、また次何かがあっても大丈夫頑張れる!

私は一生がんばり続けろ一家で育ちました。
この間友達と話していたら、本当に価値観いろいろだなって思ったのです。

その友達はいわゆるママ友なんですけど、基本的に私にはママ友はいないって感じなんですよね。

ママになったから友達になったんだけど、子供同士が別に仲良くなくなっても親同士は仲良しと言う、その人自身と付き合いたいって言う、まぁ普通の友達。

入り口が子供だったってだけのこと。

世間一般のママ友は、私にとっては知り合いと言うカテゴリーに入ります。

 

独身時代の時の友達っていうのは、自分の環境の周りにいる人たちだから、比較的その環境から作り出す価値観というか、行動言動があるように思う。

 

例えば、喧嘩が当たり前かもしれないヤンキー。

1日5時間の勉強が当たり前かもしれない、賢い人たち。

 

だけど、子供を通して知り合った人たちは、本当に様々な環境で育ってきた人たちがいる。

この間話をした人は、私とは全然違う環境で育ってきた人です。

 

友達の考え方

f:id:shima-shimachan:20200213205801j:image

友達の育った家庭は、子供たちも親を支え、自立している。

各自で頑張れ!て感じのところもある。

もしかしたらこの人は、ちょっとヤンキーだったかもしれない。

学生時代に特にヤンキーと絡むことのなかった私だけど、この人にはすごく惹かれる。

ちょっと大変な環境に育ってきたっていうのもあるからか、見ていてすごく感謝を知っている人だなぁと思う。

私だったら、心が弱いから大変な環境に育っていたら心が曲がっていたかもしれない。

 

ある時に、その人のお母さんと会う機会があった。

そのお母さんが、とっても暖かそうな人だった。

お母さんに会った瞬間に、

 

ああ!このお母さんのの子供だから私は、この人に凄く惹かれたのかもしれない!

 

お母さんを見て、凄く納得したんです。今でも初めて会った、小学校の下足室での光景を思い出せます。

その友達からは、愛を感じる。そして友達は、大変な環境の中でも愛されて育ったんだなぁと思います。

愛って本当に大切だなぁ。

 

その友達は、夫婦ともに高校卒業したら働きました。

だから子供には別に大学に行ってもらわなくてもいいんだけど、子供はお父さんとは違う世界で働きたいって、必死で勉強してるんだって。実際センター試験もものすごく高得点でした。

 

その友達が言っていたのは、

どこかで必死で努力せんとあかんて言う事は、ないんとちゃうかなぁ。

そこそこでいいわって、ずっと生きていける人も居るよな。その人なりに努力してるし。

物凄く努力している人は、その人が努力してるだけであって、みんながしなあかんて事はないって言う風に思う。

 

最後の1文は、確かこういうような内容言っていて正確な言葉覚えていない。彼女もなかなかうまく言えないんだけど、と言う感じだった。一言で言うと、生き方は人それぞれ。

努力をして達成感を味わって、また努力してって言う人生もあるし、そこそこ頑張ってまぁそこそこ暮らすっていうのもある。

そこそこ頑張っている人にも、そこそこの苦労はあるよね。

頑張りと探求

f:id:shima-shimachan:20200213205938j:image
ふと思ったんだけど、すごくがんばり続けてたら、褒めてもらいたくなりそう。
(ToT)

好きなことを探求するって言うのだったら、全然褒めてもらわなくても大丈夫というか、好きでやってます!て感じだな。

もう、一生頑張り続けろ一家の一員だった私は、みんな各自で頑張れ一家の考え方を体験したことがないので、

 

もう!!
分からない!!

体感しないと分からない事ってた沢山ある。世の中は修行なのか、探求しながら嫌な事でもそこそこしながら生きるのか。

 

昨日ジャマイカで体操を教えている日本人の話を、テレビで見ました。

その人のお父さんは

貧乏は、夢を追う代償。

 

そのようなことを言っていました。

潔いいよね。私もついついそのように思っちゃうんだよね。

すると主人が、夢を追ってたら子供育てられへんと言っていました。

 

理想と現実!

 

もしかしたら本当の本当の本当の夢、自分の為じゃなくて、それでいて人の為って言うものでなく、自分の使命にも似たようなものをを追いかけていく、それぐらいじゃないと貧乏と言う代償に甘んじられないのかなあ。

 

そんで、思いっきり子供も愛して。

 

ああ、色んな人と話すと発見があったり、自分の価値観や心を揺さぶられたりする。

なんて、揺さぶられやすい私。

 

未熟な私と思っていたけど、価値観を作っている途上かもしれない。

それって、いつでも自分を変えられるってことでしょ?

そんでもって揺さぶられてる時は、何かそこに大切なものがあるのかもしれないって、心をノックされているのかも。

 

考えてる人の話を聞くのは好きだ。

発見がある。

興味がある。

 

この間、も面白い話を聞けた。

小学校の参観に行った時に高3の長男の同級生が来ていました。

ばったりと会って、15分ほど喋ってしまった。

志望大学の話とか、なぜそこに決めたとか色々と私が興味が出てきて、質問攻め!!

相手も熱く語り出して、声が大きくなるから声が大きい!とか言いながら階段の踊り場で私の探求??をしていたのであった。

若いのに、なんぼ聞いてもちゃんと答えが返ってくる。素晴らしい。

私も楽しいし、相手も人から興味持って貰えるって嬉しいんじゃないかなって、思うんだけど。。。我が子からしたら、ウザいかも、、、、。

私は超、興味ありありありありありありで色んな事を聞く。

色んなところで、おさるのジョージの様に知りたがるのであった。

主人は、おさるのジョージ好きやから、私とも結婚したんかな?? 

 

はあ、さてさてさて。

頑張るのか探求か、子供に勉強頑張れ言うたらいいのか、お任せか。

子供の受験の時には、悩んじゃうなあ!

 

長々とお付き合いいただきありがとうございます!!!!